"Il est vrai que le monde est ce que nous voyons et que, pourtant, il nous faut apprendre à le voir." Maurice Merleau-Ponty

中間の絵画、境界線の絵画、二重性の絵画、ハーフブリードのブラシ、複数の技法......ライ・ローズの作品はシリーズで構成されており、それはまるで多くの研究や遊び心のある研究のようです。
抽象と具象、光と不透明、釉薬とインパスト、内面性とゲシュタルト、水と土、土と空、軽さと深さの間で、ライ・ローズは作品を織りなすための不可欠な糸を保ち続けています。
幼少期に大西洋を長く眺めていたことで、彼女は水平線やあらゆる可能性を秘めた無限の空間を好むようになりました...。アフリカで過ごした年月は、彼の作品に影響を与えています。アフリカは痕跡として、魔法は傷跡の問題を傷つけ、タトゥー、レイヤーの重ね合わせ、太陽のパレット、言葉の儀式はベールに包まれ、明らかにされ、多くのパリンプセストが作品を誕生させます。
カリブ海の島で過ごした時間、砂漠への憧れ、多くの危機に瀕した土地...地球の地層や人類の物語の積み重なった動悸のようにキャンバスに重ねられたレイヤー、光り輝く透明感、ソリッドなインパストス、泡立ち、嵐と静けさ、木と水、秩序と混沌...。Ly-Roseは、瞬間や表情をとらえ、語り、問いかけ、重ね合わせます。30年間、絶え間なく、シリーズからシリーズへと、彼女の絵画は、強く、官能的で、深く、世界を、彼女の世界を探し、見せ、昇華させ、探し、問いかけ、言葉にならないものを追跡し、観客を親密さと普遍性の中に同時に突入させます。
パリのパンテオン・ソルボンヌ大学で造形美術の修士号IIを取得
ドローイング・エングレービング・ペインティングのファインアート・ワークショップ。
自動翻訳

アーティストインタビュー: Ly-Rose

あなたの人生の歴史や経験は、あなたの芸術的スタイルにどのような影響を与えていますか?

「人間が空気を浴びるように、鯉が水を浴びるように、木が光を浴びるように。
大地に根を張り、星に枝を張り、星と私たちとの交流の道となるからです。
アントワーヌ・ド・サンテグジュペリ

アフリカで若い女性だった私は、コーヒーやココアを植えるために原生林が集中的に伐採されていることに深い感銘を受けました。

その頃から、大きなトランクを積んだトラックの車列、火の匂い、動物の急速な消滅、そして現在のように遅れて認識されるよりもずっと前に、この破壊が環境や生物界全体に劇的な影響を与えると考えたときの苦悩を、今でも覚えています。
私の本名はオークの木に由来しており、私の家族は代々、木を加工し、木を愛してきました。
そのため、木との関係はとても強いです。
アフリカの木はもちろん、オリーブの木、オーク、傘松、アカシア...。私にとって、木は世界のバックボーンであり、私たち自身の物語を語り、知恵と垂直性を教えてくれます。

樹皮の質感、葉脈、私の物語が埋もれているトランクの折り畳まれた側面を見つけるために、私はしばしば紙に油絵具を塗って仕上げたり、プリントしたりして、ミクストメディアで作品を作ります。私の文章を解読しようとしないでください。それを読むことができるのは木だけです。

作品で何を伝えようとしているのか?作品の中で取り上げている主なテーマは何ですか?

私は絵の中で書く、それは儀式のようなものです。それぞれのキャンバスには、目に見えるか見えないかのメッセージが常に込められていますが、読まれることはほとんどなく、単にカタルシスを与えるだけで、見られることはありません。

ラテン語の "Explicare Deployer "と "Pricare Plier "から説明します。私の言葉は説明されない。

私の言葉は隠されていて、展開されていません。それらは「折りたたまれた言葉」です。

呪文、すぐに忘れてしまう詩、宇宙への願い...。絵の具で覆われていてもいなくても、私の言葉はそこにあり、絵の作品の層のパリンプセストの中によく埋もれ、親密になっています。


Ly-Rose

作品を通してどのような感情を抱かせたいですか?

"世界は私たちが見るものであり、それにもかかわらず、私たちはそれを見ることを学ばなければならないということは、両方とも真実である"
Maurice Merleau-Ponty
自然や環境との交わりはとても大切なことです。私の絵は、津波や森林火災などを告発することもありますが、自分自身に向けられた作品もあります。

アーティスト活動の中で一番の思い出は何ですか?

パリのセーヌ通りにあるGalerie Liliane Françoisでの私の展覧会。

もしもアーティストになっていなかったら、どんな人生を歩んでいたでしょうか?

画家になっていなかったら、絶対に作家になっていたと思います。

自動翻訳

アーティストの作品

アーティストの資格

Exposition solo (1984 - 03 - 26)
Plus de 350 expositions solo ou foires d'Art contemporain à son actif, aussi bien en France: Paris, Marseille, Aix en Provence, Lille, Rennes, La Rochelle... qu'à l'étranger: Côte d'Ivoire, Belgique, Suisse, Japon, Maroc...
Exposition solo (2021 - 01 - 26)
En ce moment des oeuvres de Ly-Rose sont exposées à la C.S. Gallery 18 rue Dauphine 75006 Paris M° Pont neuf Mabillon Saint-Michel