Life is for those who can become a beautiful song in a complete silence. Life is beautiful... My paintings come from the heart of life itself.
  • スタイル: 抽象, 具象, コンセプチュアル

ライフ・イズ・ビューティフルのアーティスト
独学で学んだアーティストである私は、1958年にトルコのウシャクで生まれました。私が6歳のときに家族でイスタンブールに移住し、30年間そこで暮らしました。60年代と70年代は、私の国だけでなく世界中で、楽観主義、社会主義、ヒューマニズムの時代でしたが、80年代に入ると、政治的にも社会的にも大きく異なる時代になりました。私が鉱山技師になるためにイスタンブール工科大学で学んでいた頃、若者の間で大きな混乱が起きていたのを目の当たりにし、日々の勉強も街や大学のあちこちで起きている暴動やデモに気を取られていましたが、それを目の当たりにしました。1980年には、軍が統治権を握り、生活のほとんどすべての行為に検閲が適用されました。検閲や表現の自由の抑圧に対抗して、私は漫画を描き始めました。絵を描くことへの情熱が高まり、ほどなくして勉強よりも芸術が重要になってきました。

1984年にイスタンブールで初めて美術展に参加し、その後、トルコで多くの個展を開催し、イタリア、日本、フランス、ドイツ、ベルギー、ロシア、スペイン、アメリカ、カナダでグループ展を開催しました。私の漫画は、トルコとヨーロッパの両方で、数多くの雑誌、新聞、書籍、カタログに掲載されています。1989年にNasreddin Hodja International Cartoon Competition Special Talent Awardで初めて国際的に認められて以来、日本のオホーツクで開催された漫画コンテストでの2位を含め、国内外のコンテストで25の賞を受賞しています。

トルコの新聞「Turkish Daily News」に5年間、漫画を寄稿しました。その間、私はアンタルヤのカートゥーンスクールを設立し、多くの生徒に人生のユーモラスな側面を見極める術を教えました。また、国内の漫画家や生徒の作品を展示する野外漫画展示場を開設・運営し、1991年から1993年にはアンタルヤ国際漫画コンクールを開催しました。私はこの20年間、積極的に芸術を追求し、さまざまな形態のビジュアルアートを探求し、独自の絵画スタイルを確立してきました。
私の絵画の主題は、常に人間と、私が属する環境です。私の作品は、愛、夢、情熱、希望、笑い、信念、考え、願いなど、人間のポジティブな感情を反映しています。私は多くのメディアからインタビューを受けており、私の作品は2012年にチャンネル・ニュース・アジアによって記録され、シンガポールをはじめとするアジアの22カ国で上映されました。

私の絵画は主に個人のコレクターや機関によって購入されています。私の限定版12点は、オーロラ・ファイン・アートとバッキンガム・ファイン・アート・パブリッシャーズによって印刷され、英国内のギャラリーで配布・販売されています。

近年は立体作品にも取り組んでおり、絵画の中の人物やシーンから6点の彫刻を制作しました。その中でも最も大きな作品である「Nature of Love-Warmth」は、シンガポール・チャンギ空港が最近オープンしたターミナル4に常設されています。

私の絵画は現在、シンガポール、中国、マレーシア、サンフランシスコ、台湾、ハワイ、イギリスのギャラリーで展示されています。
私は絶えず3つの大陸を旅し、人々やその文化を観察し、ワークショップ、チャリティーイベント、アートフェアに参加し、展覧会やアーティストトークを行っています。
自動翻訳

アーティストの作品

アーティストの資格

Art fair (2019 - 10 - 17)
Bonds of Love- V’art Space- Art Taipei
Solo exhibition (2019 - 04 - 22)
Spring of Love- Ode To Art Gallery - Singapore
Art fair (2019 - 03 - 29)
Spring of Love- Asia Contemporary Art Show - Hong Kong
Art fair (2018 - 10 - 01)
Fly To Love- Asia Contemporary Art Show - Hong Kong
Solo exhibition (2017 - 05 - 18)
Fly To Love- Ode to Art Gallery - Singapore
Solo exhibition (2015 - 11 - 05)
Heart To Heart - Simyo Gallery - Seoul-S. Korea
Solo exhibition (2014 - 04 - 10)
Love;It takes Two - State of the Art Gallery - Hong Kong
Solo exhibition (2011 - 02 - 10)
Love;It takes Two - Ode To Art Gallery-Singapore-Kuala Lumpur