“To be a painter for me is to create my own world”
  • 受注制作
  • スタイル: キュービズム, 具象, ミニマリズム

アレクサンダー・トリフォノフは、ロシア出身の経験豊富なアーティストで、作品は国際的な個展やグループ展で紹介されています。デザインのバックグラウンドを持つトリフォノフは、モダンでシュールレアリスム的な特徴を持つ冬の風景や静物画を描くことで、自身のペインティングスタイルを確立しました。彼の作品には、直線的な光や思いがけない形を使うことで、幾何学と秩序が強調されています。
アレクサンダー・トリフォノフは1975年、モスクワに生まれました。モスクワのポリグラフィック・インスティテュートで学ぶ。デザインの教育を受け、90年代初頭からモスクワの劇場で働いている。1998年からは、チェーホフ・モスクワ芸術劇場で働きながら、雑誌やアートブックのデザインも手がけている。ロシア芸術家連盟のメンバーであり、毎年、多くのグループ展や個展に作品を出展している。2005年には、彼の芸術作品、記事、コメントを収録した本がモスクワで出版されました。彼は、レセプショナリズムとして知られる現代の前衛芸術のコンセプトの著名な支持者です。
"私たちは、彼が必要とするものを持っていることを認めることができます。彼が作り出すものはすべて、アーティストの一貫性とオリジナリティを持っています。詩人のエフゲニー・ラインは「彼の世界を他の人の世界と一緒にしてはいけない」と言う。
自動翻訳

アーティストの作品

アーティストの資格

Solo exhibition (2005 - 09 - 28)
“On Stage of Eternity” in the Russian Academy of Arts. Moscow
Group exhibition (1997 - 09 - 28)
“Young Russia”, Moscow and New York. Сurator Alexander Glezer
Art fair (1997 - 11 - 21)
Auction Drouot-Richelieu, Paris. Сurator Alexander Glezer
Group exhibition (2015 - 03 - 25)
«From Avantgarde to Avantgarde» Museum of Fine Arts in Saransk
Group exhibition (2008 - 02 - 29)
Exhibition dedicated 130 years Kazimir Malevich, Nemchinovka
Solo exhibition (2014 - 10 - 15)
“Windows” with Miloš Prekop gallery Aircraft, Bratislava (Slovakia)
Group exhibition (2011 - 06 - 02)
PEOPLE-metr 2011 Czech Republic, Slovakia, Hungary and Poland (2011/12) • «Time of wanderings East West» Central House of Artists, Moscow (2012) • "Kladensky salon" Kladno (Czech Rep. 2012)
Group exhibition (1998 - 04 - 02)
“Contemporary Russia” Jersey City /USA/. Сurator Alexander Glezer
Solo exhibition (2000 - 01 - 11)
“Love to a Bottle”, A3 gallery, Moscow
Solo exhibition (2009 - 06 - 24)
”Corner stone”, Art Gallery Na Solyanke, Moscow
Solo exhibition (2012 - 01 - 19)
”The window”, Gallery "Chistie prudi", Moscow